2010年01月18日

自己成長を求心力に

原田式マネジメント14か条に次の言葉がある.

愛社精神は二の次,社員の自己成長を願え

愛社精神は企業の求心力にはならない.
特に中国に進出した日系企業に対し,中国人社員に「愛社精神」を求めること自体が難しい.彼らは子供のころから「反日教育」を受けているのだ.

日本国内にある企業でも同様であろう.
若者の労働意識は変化している.

戦後急成長をした頃の日本企業は「長期雇用制度」の下で,会社の成長が個人の成長と同義であった.
長期にわたり社員を育成し,業績につなげる.社員は自分の将来を会社に預けることができた.

しかし今の若者の忠誠心は会社に対してではなく,自らの職業に対してである.
この変化は日本独自のモノではない.世界的に見ればこういう職業観の方が標準的であろう.以前の日本の職業観の方が,世界から見れば「非常識」だったと考えた方が良い.

では会社に対する忠誠心・求心力をどこに求めればよいのだろうか.
それが「自己成長意欲」だと考えている.

会社は社員の自己成長のためのプラットホームを用意し,自己成長するための仕組みと仕掛けを用意する.

これを端的に言い表したのが,冒頭の「愛社精神は二の次,社員の自己成長を願え」という言葉だと理解している.


ところで原田師が経営していたSOLID社のホームページには,原田式マネジメント14か条の中国語版が掲載されている.

冒頭の言葉は次のように中国語訳されている.
『熱愛公司,其次希望公司職工自我成長!』
この訳ではまず「愛社精神」を求めていることになる.

本来の原田師の教えとは異なっている.
この点に関して原田師も気がついておられず,「誤訳だねぇ」と笑っておられた.
すでに社員が皆,自己成長を目指す企業文化が出来上がっているSOLID社にとっては,誤訳でも本来の趣旨が理解されているのだろう.



原田式マネジメント14か条
posted by 林@クオリティマインド at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。