2010年01月25日

自由とわがまま

組織を単なる「集団」から目的を共有した「軍団」に変えるためには,組織要員の「わがまま」を徹底的に排除しなければならない.

「自由」と「わがまま」の違いをきちんと理解させる必要がある.

原田師の経営理念には

「自由闊達な環境下でお互いが感謝の心を持ち夢と自主性に満ちた理想工場を作る」

という一文が含まれている.
従業員に対しては「他人に迷惑をかけないこと」を一番に要求している.

自己犠牲による組織への貢献ではなく,自由を認めるが「他人に迷惑をかけない」という関係性を要求している.

例えば,誰でも自分の好きな音楽を聴く「自由」を持っている.
しかしバスの中で大きな音量で音楽を聴くのは「わがまま」だ.

こういう原理原則を入社時にきちんと教え込む.
こうすることによって「農民集団」が「モノ造り軍団」に変わる.

「集団」と「軍団」の決定的な違いは,共通の目的.目標と規律を持っているか持っていないかの差だ.


こちらの記事もどうぞ
原田師の教育
posted by 林@クオリティマインド at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。