2010年01月26日

人たらし経営

原田師の理論の中に「y=axの原理」と言うのがある.

このままでは何のことかさっぱり分からない.
y=axの原理
成果(y)は人の気持ちの状態(x)に係数(a)をかけたものとなる.

つまり人の気持ちがネガティブなときに,プラスの係数をかけても,成果はマイナスにしかならないと言うことだ.

例えば女性から相談を受けたときに,相談に対する「解決策」を提供しても感謝されない.あの人は「理屈っぽい」を言われフラれるのが落ちだ.
まず感情に同意を示す.ネガティブな感情にポジティブな激励をしても彼女の心は晴れない.ネガティブな感情に対し「それは辛いねぇ」とネガティブに同意を示すと,「優しい人ね」と株が上がる.
つまりマイナス×マイナス=プラスの原理だ.
もちろんプラス×プラス=プラスなので,ポジティブな時には,決してネガティブな意見を言ってはいけない.

これが「女たらし」の手管だ.

これを組織の経営に応用したのが「y=axの原理」だ.
私はこの理論をひそかに「人たらしの原理」と呼んでいる.

posted by 林@クオリティマインド at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。