2010年01月28日

社内プロジェクト

原田式マネジメント14か条
「自立心と参画意識と問題意識を育てろ」
という一条がある.

これをよく体現しているのが社内プロジェクトだと考える.
原田師の工場SOLID社では,常時30くらいの社内プロジェクトが走っている.

これらのプロジェクトは自発的に始まり,ボランティアでメンバーが集まる.

原田師がSOLID社で初めて立ち上げたのは「食堂改善プロジェクト」だ.当時従業員の多くが社内食堂に不満を持っていた.実際に原田師のところに不満を言いに来る従業員があった.原田師はその不満を言ってきた従業員をリーダにして「食堂改善プロジェクト」を起こしたのだ.

その後も食堂の改善は続いている.
2005年1月に訪問したときにご馳走になった昼食(2元)は特別おいしいというほどではないにしても『還可以』(まあまあ)というレベルであった.
2009年12月最後に食べた昼食は同じ2元でも「これが食べられない日本人は中国駐在を諦めた方が良い」というレベルに達していた.
それよりも何よりも,食堂のホールスタッフの対応がとても気持ちよい.
また厨房のコックたちも,週替わりで自慢の副菜を提供している.これで誰の副菜が一番人気があったか消費量で競っている.

このような工夫で食堂の質をどんどん上げて行ったのだ.


同様に社内OAシステム開発のプロジェクト,作業員雇用のプロジェクトなどが常時走っている.

プロジェクトに入っていても何も評価はされない.またプロジェクトに入っていなくても何も悪い評価はつかない.(ただし何もしない人は,この会社に向いていないのではないか,という目で周囲から見られることになる)

このように自立心と参画意識を高揚するのに,プロジェクト制度は大いに活用されている.

ある時期までは指導者が一緒になって,プロジェクト活動をしなければならないだろうが,メンバーが育ってしまえば自由にさせておいても成果を出してくる.もちろん放っておく訳ではない.きちんとフォローし関心を示してやる.
このようにすることによりプロジェクトメンバーは,任されている,成果を認めてくれているという感覚を持ち,モチベーションが上がる.

posted by 林@クオリティマインド at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139628810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。