2010年02月05日

問題の顕在化は、健全な組織を生む

原田師が我々後進のために残してくれた講演録の中から,
「原田式組織運営のポイント」をご紹介する.

問題の顕在化は、健全な組織を生む

問題を問題としてきちんと顕在化出来る組織は健全な組織である.
悪しき官僚主義がはびこってしまった組織では,問題が現場から経営層に伝わらなくなる.

報告・連絡・相談のことを「ホウレンソウ」という言い方をすることがよくある.「ホウレンソウ」がきちんと機能していれば,問題はすぐに顕在化する.問題解決の第一歩は,問題の認識である.問題の顕在化により,問題が組織内で共有されて初めて解決の方向に向かう.
この様な組織が健全な組織だ.

「ホウレンソウ」がきちんと機能していない組織では,現場から経営層には,都合の良い話しか伝わらない.または都合の良い話に情報が曲げられて伝わる.
上司の顔色ばかり伺っている組織によくあることだ.
命令と叱責による「恐怖の統治」をしていると,部下は叱られないようにしか仕事をしないし,叱られないような報告しかしなくなる.
全員が上司の顔色を伺う「YESマン集団」となる.

「ホウレン草」が酸性土壌では育ちにくいのと同じように,
「ホウレンソウ」も賛成土壌では育たない.

一方尊敬と信頼関係に基づいて「説得と納得の統治」が出来る組織は,現場からどんどん問題の顕在化が出来る.
こういう組織では,経営層にもなんら隠すべきことがなく「公開・公明・平等」な組織運営が出来る.


人気ブログランキングへ
posted by 林@クオリティマインド at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織運営のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140344044

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。