2010年10月01日

第六回原田式経営哲学勉強会・告知

あとで読む
☆★ 第六回原田式経営哲学勉強会 ★☆


10月の原田式経営哲学勉強会は,工場見学交流会形式で行います.
百楽仕の富田総経理のご好意で,今回の工場見学交流会が実現しました.

富田総経理とは,原田氏のご縁で知り合いました.
以前工場を訪問させていただきましたが,5Sにスマイルが追加されており,非常に明るく気持ちの良い工場です.他にも富田総経理の工夫が施されたすばらしい工場です.

富田総経理は,原田氏の経営哲学に触れ,良いと感ずるところは即取り入れておられます.原田式経営哲学を自社にも応用してみたい方にとって,百楽仕の現場はきっと参考になるでしょう.

第六回原田式経営哲学勉強会

日程:10月18日(土)
時間:13:30 受付開始
   14:00−15:00 概要説明,企業文化紹介ビデオ
   15:00−16:30 工場見学
   16:30−17:30 意見交換会:易工場長,張総務部副部長
場所:東莞市塘厦鎮 百楽仕
費用:300元(当日会場にお持ち下さい)

※直接会場に行けない方は,12:30に東莞市南城区の弊社オフィスにご集合ください.




【東莞百楽仕汽車精密配件有限公司】

  • 事業内容

  • 当社は、「弾性を創造するパイオニア」をコーポレート・アイデンティティーとして、金属や樹脂といった素材の「弾性」を生産することにより、中国国内の自動車産業を中心に販路の拡大を行っております。
    また、グローバルでのベストコストの拠点となりパイオラックス圏への供給拡大を図ることを目指し活動を行っております。
       
  • 主要生産品目

  • ハーネス部品 :
    自動車用組電線を車体パネルに固定するクリップ、ハーネスをパネルエッジからガードするプロテクター等

    ファスナー部品:
    車内外装品を車体パネルに固定する樹脂・金属のファスナー類、パイプとゴムホースの接合部で漏れや抜け止めの役目のホースクランプ類

    駆動系部品  :
    トランスミッション等の自動車の駆動機構に用いられるユニット、及びスプリング、スナップリング等

    燃料系部品  :
    バルブを中心にチューブアッセンブリ、フィルター、クィックコネクター等

    開閉機構部品 :
    グロボックスや小物入れ等のオープン機構に使われるダンパー類、ロック機構類


メール送信ご参加ご希望の方は,右のアイコンをクリックしてメールをお送り下さい.



人気ブログランキングへ
posted by 林@クオリティマインド at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田式経営哲学勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164333787
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。